アイルトンを買うならココ♪

その時から!アイルトン セナ ダ シルバは注目の的でした。ネットで拡散していましたけど、グラベルに入った途端ノイズだけに。以前から見たいと思っていました。

早速ご紹介♪

2017年01月17日 ランキング上位商品↑

アイルトンアイルトン・セナ〜音速の彼方へ [ アイルトン・セナ ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

結末がセナの死という内容が内容なだけに、わかっていて購入したものの、観おわった後に星5つで満足という気分には、なれないので星4つにしました。もし、映っていたら事故の真相が分かったかも知れませんね。折角、フジテレビの映像も使用しているのなら、本田宗一郎氏に声を掛けられて泣いてしまったシーンも見たかったです。まぁ世界政治と等しくF1もユダヤ人が握ってますから難しいでしょうが。ブラジルグランプリで6速しか残っていなかったのに優勝。この作品はセナの伝記なのでF1デビューから最後のレースまで代表的なレースや印象的なパーティやTV取材の映像が綴られています。F1には付き物の政治的策略を徹底的に暴き懲らしめ戒め糺す為にはいいと思います。若かりしセナ!F1放送では目にした事のないプライベートの映像と!懐かしく見せてもらい満足でしたが!!!亡くなった当日のフジTVの放送も入っており!それを見ていた場面を思いだしました。その友達から借りて自分も見てみましたが、最後にはサンマリノのあの瞬間が。最近のF-1を見ても、知らない人が増えてしまい、懐かしいセナを見れて嬉しいです。これは良い作品です。永遠のヒーローです。セナプロ対決シーンもあり、セナ自身やご家族のプライベート映像もあり。。ストイックな彼の映像を見ると!つくづく惜しい人を失くしたと思います。神ではなく人であるから起きる対立!野性的に肉体の限界で勝負するドライバーと勝負はもちろん政治的に働きかけるドライバーは価値観の違いから水と油なみに混じらない関係でしたが!作品の最後にテロップで紹介されたAセナ財団の関係者について…レースから離れればノーサイドだったのが分かりました。F1には忘れられない存在だったと思える方ならおすすめだと思います。91年頃のマクラーレンMP4−4あたりはやっぱり格好良いです。初めて鈴鹿でセナ足の走りを見て鳥肌が立ったのが昨日のようです。久しぶりにセナの走りを見ました。事故は残念でしたけど!オンボードカメラの映像もありませんでした。当時は強かったですね。ですが、やはりセナとプロストとの協力と対立は作品全編の中で多くの時間を割いて収められています。本当にあの衝突がなかったらどんなF1時代が続いたんでしょうね。F1好きの父親にプレゼントしました。自分は見ていないのですが、喜んでいたのでよかったです。トールマンでのモナコGPは!雑誌で結果を見て興奮したことを思い出しました。日本がバブル全盛期の頃、日本の自動車メーカーHONDA(ホンダ)がエンジン供給したマクラーレンMP4/4と4/5がアメリカやヨーロッパの自動車メーカーを駆逐して世界一になったレースを牽引していたドライバー…セナとプロスト。。しかし・・・かなりプロスト嫌悪の偏向編集です。あの泣き声は今でも忘れません。私もプロストは好きじゃありませんがね。。最近地上波でF1放送がなくなりまったくF1を見れてないなか!このDVDが1000円だったのとポイントがあったので!購入してみました。映像は日本用に放送されたものではなく、外国語解説に字幕という内容です。最近F1にハマっている!セナの時代を知らない友人に贈ってみました。わずか34歳で天に召されてからも私の心から消えることは有りません。